Lani kai
Mac, Hack, Web, EC, Game, etc.
プロフィール

lanikai

Author:lanikai
文字通り、人生をHackしたい。(嘘)

Amazon

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年4月の読書メーターまとめ
4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1055ページ
ナイス数:10ナイス

ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)
2004年から足かけ9年かけて43巻制覇しました。ローマはまったくローマ的ではない東ローマ帝国(ビザンツ)に、再興という名の下に蹂躙されてしまい、ぺんぺん草の一本も生えない状態に。正直、涙も枯れて、心にぽっかり大きな穴が。でもここまで書いて終わりにしたかった塩野さんの気持ちはよくわかる。
読了日:04月30日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)
ローマが静かに息を引き取った。壮絶に剣を交え、志半ばで討ち死にするわけでもなく。蛮族に蹂躙され、草1本生えないほど荒野になってしまったからでもなく。ただそこから帝国はなくなり、消え去った。塩野さんがこれをもって帝国の終焉とし、ペンを置かれた事に深い感銘を覚えた。「東ローマ帝国は、ローマ帝国ではない。」その強い意志が感じられる。さて最終巻である43巻では、帝国なきあとのローマを描くようであるが、どのような話だろうか。正座をして読みたい。(しないが)
読了日:04月19日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)
栄枯盛衰、盛者必衰であるのはわかっているが、それにしても、あまりにもあっけないローマ陥落。ここまできたら塩野さんとともに、最後まで看取ろうではないか。
読了日:04月15日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語〈40〉キリストの勝利〈下〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈40〉キリストの勝利〈下〉 (新潮文庫)
著者のいうとおり「帝国の溶解」に他ならない。そうして、この巻の終わりで、あまりにあっさりと帝国は東西に分割されるのだった。
読了日:04月05日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語〈39〉キリストの勝利〈中〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈39〉キリストの勝利〈中〉 (新潮文庫)
斜陽の帝国に颯爽と現れた賢帝は、だがしかしあっという間に戦没し、元の木阿弥へと帰すのであった。著者が云うように、19ヶ月ではなく19年の治世であったら帝国はどうなっていただろうか。あるいは現代のアラブ世界と二極対立も違ったものになっていたかもしれない。歴史にifは無いというが、つくづく残念でならない。
読了日:04月02日 著者:塩野 七生

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。