Lani kai
Mac, Hack, Web, EC, Game, etc.
プロフィール

lanikai

Author:lanikai
文字通り、人生をHackしたい。(嘘)

Amazon

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本の感想】夢中になる!江戸の数学
夢中になる!江戸の数学 (集英社文庫 さ)
桜井 進
集英社 (2012-08-21)
売り上げランキング: 12,301

「天地明察」でも和算は大きくフィーチャーされているが、江戸時代の庶民はどんだけ数学が好きだったのか。

一家に一冊あったという塵劫記という数学書。

そしてまるで武芸のような「算数道」がそこにあり、極めれば免許皆伝が与えられ、数多くの市井の数学者が誕生したという。また彼らにより西洋数学に先んじて多くの公式が発見されているとのこと。

中でもスーパースターは関孝和。弟子からも多くのスターを輩出する流派。

といった何とも興味深い話のイントロとして最適の一冊。これを契機に江戸の数学についてもう少し深掘りしてみたい。

天地明察
天地明察
posted with amazlet at 13.02.13
冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 4,092


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。