Lani kai
Mac, Hack, Web, EC, Game, etc.
プロフィール

lanikai

Author:lanikai
文字通り、人生をHackしたい。(嘘)

Amazon

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの科学
本屋さんで、誠文堂新光社の「子供の科学」を売っているのを見つけ、まだ廃刊になっていないことにとても嬉しくなり、思わず娘用に年間購読の契約をしてしまいました。

子どもの科学(amazon.co.jp)

小学生時代は科学大好きの少年でした。
毎月届く学研の科学は次の号が出るまで穴のあくほど読み込み、付録の実験キットは試薬がなくなるまで遊びました。

小学校も高学年になったある日、街の本屋さんで一冊の雑誌に出逢います。
それが「子供の科学」でした。

宇宙、生物、電気、工作などの楽しそうな記事に目を輝かせながらむさぼるように読んだ記憶があります。巻末の二宮先生の紙飛行機は、きちんと作ると信じられないほどよく飛びました。(学年があがるにつれ、うまく作れるようになって、良く飛ぶようになった記憶があります)

広告ページで通信販売されている電子工作キットにも釘付け。半田ごてが子供の手の届く範囲にあった家でしたので、自分でも作れるだろうとお小遣いを貯めて買ったものです。

届いた最新号の子供の科学を見ると、今でもちゃんと電子工作キットの通販ページはあります。もちろん二宮先生の紙飛行機も!

何より嬉しかったのは、娘が「子供の科学」のことを「すごく面白いし、読めて嬉しい!」と言ってくれたこと。
別に理系少女になってほしいとまでは思いませんが、物事を科学的な視点で見ることができる人間に、少しだけなってもらえたら親としては嬉しい限りです。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。